スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月29日(木) 姉の友達へ

2010年04月30日 01:49

姉はうちの話を喜んでしてくれます。 そしてある友達といいますか、仕事の同期の方に、

うちの話をしてくれていました。 しかもブログの紹介まで。

興味を持ってくれる方にはぜひ話したいといううちの願いが通じたのか、

その方と幸いにも会う機会があり、ご飯を食べながらゆっくりと話すことができました。

姉とその姉の友達とうち、という初めてのスリーショットでした。

うちには初めて会った人だろうと、親しい人だろうと、

ゴーイングアウトするときの気持ちに大差はありません。

いずれにしろ、自分の見せてこなかった部分を知ってもらうことに変わりはないから。

今回もまた、見せてこなかった部分の自分を何の抵抗もなしに見せていました。

うちもね、どう頑張っても弱い部分っていうのがあります。

でもそれはなるべく見せないようにしてきました。 特にゴーイングアウトするときは。

それはやっぱり「辛い」とか「悲しい」とかそういうことを伝えたいわけではないから。

涙で人の心を動かすこともできるけど、あまりに印象が強すぎる。

それが心に残るのはうちがしたいこととは違うんです。

だってうちが主役になってしまうわけだから。 心に残したいのはその人自身。

何を考え、何を感じたのか、その自分との出会いを大切にするべきなんじゃないかな、

ってうちは思います。 だってうちの存在だけが残ったところで何もならないわけだから。

それにね、そういう話は本でも読めばいくらでものっているわけで、

きっと大抵の人のマイノリティに対するイメージにも嫌というほどあるわけで、

わざわざうちが話してそこを強化したところでどうなんだろう、って思ったりもします。

そんなわけで、積極的に話すのはどちらかというとうちの明るい面です。

「自分らしく生きている自分」です。

それで相手も「自分らしく生きよう」って思ってくれたら最高なわけです。

でも、たまにはうちの暗い面も見せてもいいのかもしれません。

性っていうのは、考えてみればなんでもないことで、

だからきっとみんなわざわざ考えないしわざわざ言わないことなんだろうけど、

なら同性愛だって、考えてみればなんでもないことで、

そう気付くきっかけにはなりたいわけなんだけど、

でも、だからってうちもそうなりたいわけじゃない。

確かにうちは「FTFr」という性に行き着いたわけなんだけど、

でも性そのものが「どうでもいい」っていうことではありません。

実はうちにとってはその「なんでもないこと」が「とんでもないこと」だったりします。

それを表現できるかできないかというたった一つの言動が、

実はうちにとっては生きるか死ぬかの問題だったりします。

『「表現しちゃだめ」なんて言われたら、うちは「生きたい」と思わないかもしれない。』

『なら「死んでもいいや」って思うかもしれない。』

うちにはそんな一面があることも話している自分がいました。

話すたびに、話すことが変わっていく自分。

自分でも気付かないところで、自分は絶えず変化しているようです。

終わりに一言。

耳だけでなく、さらには目だけでなく、心も向けて聴いてくれたその友達に

「ありがとう。」

誠に勝手ながら、今では姉だけじゃなくうちにとっても友達だと思っています(笑)


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。