スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月10日(土) 会いたかった人へ2

2010年04月10日 20:40

今日は天王寺へ。 ブログで知り合った高校生に会いに行きました。

「話したい」と思ってくれていたので、「じゃあ会おうよ!」ってね。

気づいたことが一つ。

「ゴーイングアウト」は必ずしもうちがする側ではないということ、

「わたしたち」にうち自身も含まれるということです。

うちが自分のことを話していくと、必ずと言っていいほど相手も自分に目が向いていきます。

自分の思っていることや、自分のやりたいこと、色んな話を聞きます。

だからこそうちは話す意味があると思っています。

そして真剣に話を聞いている内に、何か一つのコアな部分がみえてきたりします。

例えばうちの場合だったら「性」とかね。

それを本人が良いものとしてとらえているかはわかりません。

でもそれによって悩み、苦労してきたのはわかります。

それをふまえて、そのコアによってどんなに辛い思いをしたとしても、

うちはきっと「それはあなたの良さだよ」と言います。

「それがあなたらしさなのかもしれないね」とも言うかもしれません。

それがなければきっと今のあなたにはなっていない。 そう、うちも今の自分にはなっていない。

視点を変えるのは思ったより簡単で、その簡単なことが思ったより重要。

でも自分でやるのは、思ったより難しい。 必要なのは、自分ではない誰かの視点。

数日前からうちはなんだか深呼吸をしようとしてもできなくなっていた。

これ以上酸素は入りませーん、って感じで身体が窮屈だった。

きっと色んなことを考えていたら、息が詰まってしまったんだろうと思う。

今日話をして、話を聞いて、お互い晴れた顔でさよならをして、一人電車の中で大きく息を吸う。

あー・・・深呼吸できるようになってるわ。

いつの間にかうちも前向きに考えられるようになっていました。

窮屈になっていた身体がいつの間にかほぐされていました。

誰かと話すたびに、何かが起こる。 この日常に。 この自分に。 そしてきっと誰かにも。

だからうちは話したい。 色んな人と。


スポンサーサイト


コメント

  1. Na-MI | URL | j1s/PNg2

    Re: 4月10日(土) 会いたかった人へ2

    なんだかコメントを残さずには帰れませんでした。

    今日またあらためてあめさんに会ってよかったと思いました。

    自分のことを話したことないあたしはずっともがいてました。

    あめさんのゆうとおり必要なのは『自分ではない誰かの視点』

    あめさんの言葉のおかげであたしの心にひっかかっていたもの

    がなくなりました。

    正直今までもがいて苦しんでました。

    でもあめさんに会ってあたしが一歩前に進めない理由がわかりました。

    これからはあの夢に向かってできるとこまでやってみようと思います。

    自分がやりたいことだから。誰かに何かを与えたいから。

    この先、また自分について考え、悩み、成長します。

    本当にありがとうございました。

    あたしにとってあめさんは大きな存在です。これからもずっと。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comingout2010.blog52.fc2.com/tb.php/16-96a3b60d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。