スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月24日(木) 同じ専修の後輩へ

2010年06月24日 23:42

大学でどうしたら自分の存在が広まるのか、その方法はまだわかりません。

同性愛者を身近に感じてもらうことで、何かが変わるんじゃないかと思ってるんですが。

なので今はただ、耳を傾けてくれる人に一人でも多く話していこうと思っています。

同じ大学の人には4回生、3回生、2回生の方々には少しずつ話してきましたが、

今日は初の1回生です。 例え一人でも、自分にとっては大切な出来事でした。

横だけでなく縦にも広げていくことは大事なことだからです。

今年から始めたゴーイングアウト。 気づけばもう6月末。

半年前の自分に比べたら、随分と話し方が変わったように思います。

何度も一発勝負を繰り返し、何人もの人の反応を受け止めて、

いつしかうちは、あらゆる人の前で堂々と誇りを持って話せるようになりました。

それはなにも自分の性に限った話ではありません。

自分が疑問に感じたこと、自分の考えたこと、それらを大切にするようになりました。

正しさなんて誰かの心にあるもんじゃない。 どこにあるかっていったらこの自分の中なんだと思う。

自分が正しいと思うことを信じるかどうか、貫くかどうか、それが大事。

誰かの正しさに頼ったら、いつかどこかでズレてしまう。

いやもしかしたら、そのズレにも気づかないかもしれない。

無意識に道を選んで、無意識に歩いているかもしれない。

それが悪いわけでもない。 良いか悪いか、それも決めたきゃ自分で決めることだと思う。

ただうちは、誰かの正しさのもとで生きていくことはできないし、

自分で一歩一歩踏みしめるように生きていけたら、と思う。

やっぱり自分のことは誰よりも自分が知ってるから。

それに、自分のことは誰よりも自分が知っていたいから。

何かあったら、うちが守る。 何かあったら、うちが支える。

だから思いっきりやるよ、うちは。

どこへでも行ってこい。 どこへでもついてってやるから。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://comingout2010.blog52.fc2.com/tb.php/29-8251dc89
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。