スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月18日(木) 部活の仲間へ

2010年03月19日 17:37

18日・19日は部活の旅行でした。 総勢19人。

今年の初めにうちは部活を退部したので、みんなと一緒に過ごすのは久しぶり。

退部しているにも関わらず誘って頂けたので、遠慮なく参加させて頂きました。

部活の仲間の1、2、3回生にはうちが同性愛者であることはカミングアウト済みです。

でも4回生の方には言おうと思っていたけどなかなか機会がなかったし、もうすぐ卒業されるので、

なんとかこの旅行中にしようと思ったわけです。 ただ、今回はそれだけではありません。

みんなだからこそ頼みたいことがありました。

それがこのブログにコメントをお願いしたいというものです。

カミングアウトをされた時の反応、それとその後の関係の変化、そして大きな信頼。

これらを考えた結果、ぜひみんなにお願いしたいと思いました。

「こんなに素敵な仲間がいる」うちはそれがとても誇らしいし、ぶっちゃけ自慢したいくらいです(笑)

とにかくそんなこんなで、みんなの力を借りたいと思ったわけです。

夜の飲み会が楽しい雰囲気で終わり、解散された瞬間、うちは手を挙げ、口を開いた。

「すいません、ちょっと話したいことがあるんで座ってもらっていいですか。

盛り上がってるところ本当申し訳ないんですが、ちょっと真面目な話をさせてください。」

まずは4回生の方へカミングアウト。 もう自分が「同性愛者なんです」って言うことに抵抗はない。

そして話をブログへと展開させる。

「実はブログをやってます。」「最近新しいブログを作りました。」

「カミングアウトされた側と読者が主役のブログです。」「それでみんなにお願いしたいことがあります。」

自分でもびっくりするくらい手が震えた。 声が震えた。 とにかく緊張した。

みんなが受け入れてくれていると感じていても、笑顔で聞いてくれていても、やぱ緊張します。

上手く伝えられたかはわからない。 これからどうなっていくのかはわからない。

でも、うちがこうやってこのブログを広げていく大きな一歩になったことは確かです。

「ありがとうございました。」という言葉でうちは話を締めくくった。

そして2度目の解散後、一部の人がその場に残り、話は続きました。

4回生の方が質問してくれたり、自分の気持ちを話してくれたりしました。

実はこれがすごくうちにとって大事なこと。

いつも思うけど、うちはカミングアウトだけで終わってはいけないんだと思う。

「うちは同性愛者です。」「あ、そうなんですか。」で終わってはいけないんだと思う。

それじゃ意味がないからね。 きっとうちは、その先にある自分を見て欲しいんじゃないかな。

色々な話をしているうちに、みんなが自分の気持ちや意見を言うようになっていく。

全体で一つの話、一人の話が展開されていく。

初めはうちが話す側、みんなが聞く側という関係だったのが、

いつの間にか誰もが主体になっていたようにうちは感じました。 無論、黙って聞いている人も。

思い思いに考えたり発言したり。 「あ・・・これがうちがやりたいことなのかな」って思いました。

みんながそれぞれ自分というものを表現していく。 そしてそれをみんなが受け入れる。

とても居心地が良いもんです。

怖いことや不安なことを明かすとしても、弱い自分や嫌いな自分を表現するとしてもね。

そんな空間を作りたいなら、まずうちがそうしなければならないんだって気付きました。

いや、そうすればできるんじゃないかって気付きました。 今まで無意識にやってきたかもしれないけど。

カミングアウトすることで自分と相手との距離が近くなる。

でも、もしかしたら近くなるのはその二人の間だけじゃないのかもしれない。

さて、ではこの記事の最後もこの言葉で締めくくります。

みんな、本当にありがとう。


スポンサーサイト


コメント

  1. #5のやつ | URL | vxvDxw9U

    Re: 3月18日(木) 部活の仲間へ

    コメントしてみます。
    思ったこと書いたら良いんやんな?なんか、緊張するわ。笑

    あたしは、旅行の前の飲み会でカミングアウトしてもらったから、
    そのときの気持ちを主に書くのがいいかと思うんで、
    そのとき思ってたこと、それから思ったことを書こうかなと思います。

    飲み会でカミングアウトしてもらったとき、
    1番初めに思ったことは「あれだけ自分のことを話すのができるあめの勇気ってすごいな」と思った。
    同性愛者なんや!とかではなくて、あめの覚悟?勇気?行動力?にまず感動した。

    それから、同性愛ってことについて考えた。
    質問されるのいやかな?とか思ったけど、あめが一生懸命話してくれたから、聞きたいって気持ちになり、いっぱい質問をしてみた。自分のまわりには同性愛の人おらんかったから(ほんまはいたのかもしれんのかな)
    あのときはいっぱい答えてくれてありがとう!

    カミングアウトされてから、あめに対する気持ち・見方は特に変わってない気がする。
    強いて言えば…変わったこと…すっきりした!って感じかな。
    なにがすっきりしてん!って感じかもしれんけど笑。
    一緒にサッカーしてるときから、「あめって、何考えてるんやろ?」って思ってたん。それが少しわかった気がして。

    あめに対しての気持ちは変わらなかったけど、自分の考え方は変わったと思う。「同性愛」についてだけではなく、「自分らしく生きられる社会」についてとか。
    意外にまじめなあたしです。笑
    ほんと、あめのおかげなんで感謝してます。

    夢かなえるように頑張って!!応援してるし。
    ひとつ質問!
    たとえば、あたしが教師になったとき(なれたらいいな。笑)、あめの話を生徒にすることは良いこと?
    何かの機会でさ、本に載っているようなことを話すより、身近な人のことを話す方が感じるものがあると思うねん。

    あたしの思ったことはこんな感じかな。
    長々と失礼!!自分の気持ち短く書くの苦手やねん。笑

  2. #19 はる | URL | 4aiYG7/g

    Re: 3月18日(木) 部活の仲間へ

    私がカミングアウトしてもらったのは、新年最初のミーティングやったね!
    その時思ったのは、同性愛がどうとかではなくて自分のことを話せたあめを単純にすごいと思いました。
    そして性についてもう一度いろいろと考えてみるきっかけを貰いました。
    この旅行の時に話したと思うけど、私は昔から男女について(特に恋愛面で)言い方が悪いかもしれないけど「どちらでも良い」と思っています。
    だからあめの考えたFTFrに関していいなあ!と純粋に思ったし、あめらしいとも感じました。

    あめも感じていると思うけど、私は世の中では少数派は虐げられがちであるということすごく感じます。また他人は他人というものを強く感じます。
    どちらでも良いとは思っているけど、実際私は女の子を好きになったことはありません。
    そして同性愛者が少数派で、隠れていなければならない世界をおかしいとは思っているけれど、それを変えようとまでは思っていません。
    正直な話、自分がそうではないからというのが大きな理由なのかもしれない。嫌な奴に思えるかもしれないけど、自分が関係していないことに対して大声で主張する人はいないのだろうなと思う。
    例えば交通事故で誰かが亡くなったっていうニュースを聞いても、私は涙を流したりしない。だって当事者や関係者じゃないから。感情移入が出来ない。
    このことに関しては長くなるので割愛しますが…こういう人は多いんじゃないかな。
    だからこそあめは性を身近なものとしてとらえてもらうためにゴーイングアウト(こっちを使います)していきたいのかな、と個人的に考えていました。私もあめという存在を通して性に関してこうやって考えているし、とても身近なものに感じているので。


    私のまわりも同性愛者に対して寛容な人たちが多かったです。
    でもやっぱりそこまでで終わってしまう場合が多い。大声でいいじゃない!と主張する人は少ないのが現状です。
    だからこそ、行動しようと考えたあめは本当にすごいと思う。


    ブログも大体全部読ませてもらいました。
    私自身すごく考えることだけど、自分の本質を他人に出すのはすごく怖いことだと思う。本質なんだからそこを否定されたら、私はたぶんもう生きるのが嫌になると思う。だから見せたりはしない。

    それをやると決めたあめを私は本当に尊敬するし、私の悪いところでもある人にもう少し頼ったり素直になったりすることを頑張ってみようかな、と思ったよ。ありがとう。

    何かを変えるってすごく力がいることだと思います。私自身今の性格をどうにかしようと思っているけど、おそらく長い年月がかかるんだろうなあと漠然に思ってしまうのは、そういう本質を持っているからだと思う。
    でも変わらないことは無いと思うんだよね。
    例えると塩を砂糖に変えるのは難しいけど、塩に砂糖を混ぜて甘くすることは可能かもしれないってことです(余計わかりにくくなった気もしなくはない…)

    あとあめの人柄が良いというのはもうみんな知っていることだと思うので、そこを強みにしてどんどんあめらしく生きてほしいなと思います。
    このコメントに対して疑問があれが話したいし、いつか飲みに行きたいなとも思っているのでこれからもよろしくお願いします。笑

    言葉にまとめるのが苦手だし、すごいとかそういう短い言葉でしか表現できないけど、文章から私の気持ちが少しでも伝わるといいな!笑
    遅くなってごめんね!ありがとう!

  3. しょこだま | URL | -

    Re: 3月18日(木) 部活の仲間へ

    おはよう。

    コメントするすると言いながらなんかとても時間がたっちゃったように感じます。ご存じの通りあたしもいろいろあったので・・・・。あたしのことは明日あめにちゃんと話します。何といってもあたしがあめに話したいから。

    あたし、あめにゴーイングアウトされたとき自分でもびっくりするくらいびっくりしませんでした。今までにこういった経験は全然なかったんだけどね。これはあたしはいい意味でだと思います。いい意味でなんとも思わなかった。そう言われる前からあたしは勝手にあめとは一番気が合うと思ってるし、あたしは何でもあめにはなしてきたし、いつも聞いてくれていつもそばにいてくれたし、助けてもらってばっかりだけどそういう関係がゴーイングアウトされたとき、されてから、全然揺らがなかったし、あたしとあめは何も変わらないと思えたからほんとに自然に(表現がこれでいいのかもよくわからないけど)あたしの中に事実だけ入ってきました。

    関係ができていたからなのか、関係ができていなくてもこう思えたのかは正直わかりません。でもあたしとあめがいつもしているように思ったことを正直に伝える、素直に伝える、そうしていけば理解してくれる人のが多いんじゃないかな?と、あたしは思います。これはあめがあたしに教えてくれたことなんだよ。間違ったら全力で訂正すればいいし、悪いと思ったら全力で誤ればいい、やりたいこと・しようと思うことにいつも自分自身が素直でいれたら間違ったことなんてないんだよ。だから思うことを精一杯やればいい!!あめがあたしに教えてくれたことあたしもあめに教えてあげます。笑

    あめがいつもそうしてくれたようにあたしもいつもあめのそばにいるし、あめのこと応援してるし、知ってるだろうけどあたしはあめが今までもこれからも大大大大大大好きだよ。

    なにも変わらないそのままのあめにとても魅力があるのであたしはあなたから離れず、そばにいたいと思うんだと思います。アホなことのが多いかもしれないけどまあ、それがお互い楽しいと思えてると思うし、でもお互い真剣になれるときは面と向かって話せるし、そういう友達ってほんと少ないし、あたしにとってあなたはそんなとても大切なお友達です。今までも、これからも。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comingout2010.blog52.fc2.com/tb.php/3-921b9eaf
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。