スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月28・29・30日 「ブログ展」来場者へ(コメント付)

2010年10月31日 23:57

ブログ展終了しましたー!!

少なくとも150人以上の方に足を運んで頂きました。

少なく見積もっても!です。

まさかこんなに人がきてくれるとは・・・。

それだけ出会いがあれば、それだけ色んなことが起こるわけですが、

このブログ展で感じたことを言葉にするのは、さすがのうちも難しいよ。

どれだけ幸せだったか、どれだけ楽しかったか、

うちがまとめて言葉にできるほど軽いもんじゃない。

でも、でも伝えたい。

うちは最高に幸せだ! 最高に楽しかった!!

初めて思ったよ。

うちは今までのどんなうちよりも幸せだ!

「今までの幸せを集めたら、今までにない幸せが訪れた」

って、そんな感じ。

あーもう全然言葉が足らない(笑)

みんなの言葉の力がありすぎて、自分の言葉が足らない足らない。

もしよければ、ブログ来場者の方、こちらにもコメントをどうぞ。

うちを助けてください(笑)

・・・って違う違う!!!!!

なんのためにChart用紙の裏に

「ブログに掲載してもよろしいですか □Yes □No」

の項目をつけたんだか。

Yesにチェックをつけてくれた人のコメント、

本当は全部載せたいくらいなんだけど、そしたら大変なことになるので、

うちが数人だけここで紹介します。

一応言っておくけど、どのコメントも、うちにとっては大切なものです。

載せたもの、載せてないものに差はありません。

なぜってそれは比べるようなものじゃないから。

それだけスペシャルなものだから。

それでは、生の声、届けさせてください。

【21歳・男・学生】
「自分の選んだ道、それがBESTだ!!!それぞれ夢をかなえよう!」

【20歳・男・学生】
「正直びっくりしました。それと同時に自分は同性愛者だとカミングアウトするのはとても怖かっただろうなと思いました。でも、本当の自分と向き合って生きていく姿勢がとてもかっこいいし輝いてみえます。これから多くの壁にぶつかると思いますが、決してあきらめず少数派がつらい思いをする社会を変えていってください。応援してます。」

【20歳・男・大学生】
「うすっぺらい人間性、でも味があるそれがおれ!!」

【19歳・女・学生】
「展示をするって聞いて、すごく見に行きたいと思って来ました。私は人の意見に左右されたりしてしまったりするので、もっと自分の気持ちを表現したいって思いました。生きてきて初めて同性愛者が身近にいて、今日の機会がすごく嬉しかったです。」

【19歳・男・大学生】
「色々なことについて考えます。色々な人がいて、色々な好みがあって色々な人生があります。誰ひとりとして同じ人はいないわけで、そんな中、自分に自信を持てるってすごいなと思いました。」

【15歳・女(♀)・中学生】
「人とつながることで人生が変わる」と思います。自分の中にはなかったものを手に入れることができるとおもいます。喜びをわかち合えたり、思いを通じ合えたりできるから友達といること、誰かとつながっていれることは大切ですごいことだと思います。「人とつながることで自分にとっての宝物に気づくことができる」と思います。このブログ展はすごく私の良い思い出になりました♪ありがとうございましたー。かっこいいです!!」

【19歳・男・大学生】
「自分らしく!!」

【22歳・女・大学生(4回生)4月から教師か保育士】
「ブログ展楽しみにしていて、見に来た時に読んでいたら涙でました。人間は本当に男女なんて関係ないし、ありのままの自分を好きでいるあめさんがステキです。すごく、自分にはない良いところで、見ならいたいです。あめさんと一緒に私も一緒に社会を変えていきます!」

【24歳・男・院生】
「「その人」を作っているすべてが「その人」やと思います。ありのままの「人」と「人」が共に生きていけるような社会を僕もめざしています。お互いがんばりましょう。」

【20歳・女・学生】
「ブログを読ませていただいて、私の自分らしさって何なのか、もっと深く追求しようと思いました。色々勇気をもらったと思います。ありがとう!」

【22歳・女・学生】
「展示のセンス、大好きです!!すごく、カッコイイ。私は昔、男の子になりたくて、なれなかったので「女らしくなろう」と決めました。単純だったので、あんまり悩みませんでしたが、あめさんはこの性のトコロで壁にぶつかったんだな、って思いました。私は、思いが本物であれば、伝わる、って、思ってます。展示を見てその考えを改めて思いました。ただ、社会には受け入れてくれる人だけじゃない。そういうことも思います。人間は、社会的な動物。だから、社会を変える。この考えは、とても真っスグで、好き。どこまでできるか、やったってください!!!」

【20歳・女・大学生】
「色々と考えさせられました。今まで自分の生きてきた世界にまた一つ「色」を加えてくれた気がしました。何か分からんけど涙出ました。」

【15歳・女・学生】
「「自分らしさは大切だな」って思いました。私はどこか本当の自分をかくしています。本当の自分を全てさらけ出すと引かれる気がして・・・でもこのブログを読ませて頂いて「本当の自分のままでいいんだ」と思えました。ありがとうございます。これからも頑張って下さい。」

【21歳・女・学生】
「ありのままの自分を受け入れることはとても難しいと本当に思います。私にはまだまだできない。いや、しようとしていないと言った方が正しいのかな。嫌でも向き合っていかなくちゃ、そんな気持ちになれました。ありがとうございます。」

【20歳・女・大学生】
「ブログを読んで、なんだか勇気をもらった気がしました!!私も、自分の気持ちとか感情に正直に生きていきたいなぁって思います。」

ね・・・切りがない(笑)全部載せたいくらいだよ全く。

嬉しいのは「同性愛」がどうって話で終わらず、自分を省みてる人が多いってこと。

そう、うちはきっかけでいい。 同性愛がどうって話がしたいんじゃない。

「自分らしく」、それは人それぞれ違うから、自分を見てみないとわからない。

だからこのブログ展、実は主役はうちじゃなくて来場者だったりもする。

そして一人一人の言葉が集まっていくうちに、とんでもない力が生まれていました。

うちの言葉じゃ足らないって意味、感じてもらえたかな。

これがうちのカミングアウト、ゴーイングアウトなんです。

何が起こってるのか、感じてもらえたかな。

そして最後に・・・

ある男の人のコメントを載せます。

【25歳・男・リーマン】
「母さんからいろいろ聞いてたけど、ブログの内容とか、直接情報受け止めるのは初めてかな。感想は・・・予想通り?ていうか、【あめ】は【あめ】でしょ?ってかんじ。性別とかそういうの関係なくさ、「夢ができて、それに向けてがんばってんなー」、「うん、いいじゃない!」って思いました。僕はけっこう他人に無関心な人だからね。こんなコメントですまんけど、「自由にやんな!否定はしねーよ。」」

これ・・・兄のコメントです。

兄が来た時には、泣きました。

ブログ展で唯一、泣いた瞬間でした。

さすがに、我慢できませんでした。

ブログ展、やって良かった。

たくさんつながったよ。

そりゃもうたくさんね。

ここは、みんなの主張の場。

思い思いに、みんな叫べ! みんな咲け!


スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. ラセン | URL | -

    うん

    ブログ展の話‥

    よかった。だと過去形か?

    いいね。は現在形?

    未来への餞の言葉なら?
    よくわからないけど笑

    とにかく幸せな言葉が
    ブログ展に溢れてて
    これからまた前に進めるね。

  3. あめ母 | URL | -

    Re: 10月28・29・30日 「ブログ展」来場者へ(コメント付)

    今日になって、気がついた。
    まだあめにブログ展の感想を、伝えきれていないということに。
    というより、忙しくてそこまで気づけなかった一週間だった。
    遅くなったけど、伝えなくちゃいけないことだと思うから書きます。

    ブログ展、私の予想をはるかに超えた、すばらしい企画でした。
    本当に見に行ってよかった。あの空気と雰囲気は、現場に行かなければわからない。

    大学祭で何かやったらと提案したのはほかならぬ私だったけど、言ってはみたものの、
    「ブログ展をやることにした」と言ってきたあめに複雑な思いはもちろんありました。
    怖いような気持もありました。不安も心配もありました。

    興味本位で見られて、あめがひどく傷つくことはないだろうか・・?
    逆にブログ展をしたことで誤解や中傷を受けたりしないだろうか?
    ますます孤独になってしまうのではないか・・
    心配しだしたらきりがありませんでした。
    でも、そんな気持ちを跳ね返したのは、あめ自身のがんばりでした。
    これだけ真剣に準備していて、伝わらないはずはない!!そう思えたのがブログ展六日前。
    「大丈夫だ。」
    内心、あめの様子を見て思いました。

    私の絵を一緒に展示してくれてお礼も言わなきゃね。
    展示してもしなくても構わなかった。
    「あめ」という課題をどう表現するかが私にとって大事なことだったから。
    私に「描いて」と言ってくれたこと、やれることを与えてくれたあめに感謝しているよ。

    はじめ、どう描いたものやら、あめを真正面に見据えないと描けないし、
    私も本気で、真剣に、覚悟を決めないと描けなかった。
    つらくもあり、悩んだけれども、これでいこうと決めたら、すらすら描けた。
    楽しかった。

    あめがこつこつブログ展の準備をしてたころ、同時に私はせっせと描いてたことがわかって笑っちゃった。
    やっぱり親子ってつながってる。なんとなく、あめがどんな状況でいるのか感覚としてわかる気がする。

    そして始まったブログ展。
    こう自分に言い聞かせてブログ展に向かいました。
    「目をそらさないこと」

    会場に着いてみたら、やわらかい明るい雰囲気。まずはほっとしました。
    読み進むにつれよみがえってくる感情があり、つら過ぎて、できれば避けて通りたいところも。
    でも目をそらさない。涙を抑えて抑えて・・
    あめがこうして自分をさらけ出しているのだから、ちゃんと読むことでその気持ちにこたえようと思いました。
    来場者の書いてくれたカードを見たとき、感動でした。みんな、ちゃんと書いてくれている!!
    私の想像以上のすごいことがおきている!ありがとう!!でした。

    あめの本気と覚悟がみんなにちゃんと伝わった。
    一人でこつこつと、逃げずに、人に頼らずに、納得いくまで全部やった努力が報われた。
    こだわるところはとことんこだわった。その真剣さ、忍耐力には頭が下がります。


    それになにより嬉しかったのは・・
    あめが生き生きと輝いていた!

    もう大丈夫だね。仲間がいる。信頼できる人たちがいてくれる。
    ブログ展、本当におめでとう。

    「友情」というすばらしいプレゼントをもらったね。

    後日のブログにのってた写真のあめ。
    あめが本当に嬉しそうに、楽しそうに、心から笑っていた。
    そんなあめの笑顔がようやく見ることができた。
    どんなにその写真見て私が嬉しかったか!!

    苦しめば苦しむほどひとりになっていくあめが心配でしょうがなかったけど。
    あのころは、とてもじゃないが、満面の笑顔なんて見られなかった。
    本当によくひとりで乗り越えたと思う。とても命が危なかった。
    それがわかっていても、親だけど、どうしてやることもできなかった。
    無力の自分が情けなかった。怖かった。

    長く暗いトンネルを自分から脱出したエネルギー、それはまぎれもなくあめ自身の力。
    そしたら、すごい世界がみえてきたよね。

    ようやくスタートラインに立ったと確信しています。

    大げさかもしれないけど、このブログ展の経験があめの原点となる気がする。
    ブログ展の三日間に、これから生きていく上で大切なものが凝縮されていると思う。
    大変だったけど、やった以上の成果を実感してるよね?
    わたしなんか、あめ見てて羨ましかったりして(笑)
    私もあめに勇気づけられたひとりになりました。
    私もまだまだがんばるぞ!なんてね。

    最後に、ブログ展で出会ったあめの友人たち、お会いできてとっても嬉しかったです。ありがとう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comingout2010.blog52.fc2.com/tb.php/39-4b9de9e9
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。