スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月29日(金) ボランティア参加者へ

2011年05月03日 17:13

4月29日から5月3日の4泊5日、災害支援ボランティアに参加しました。

初日でのバスでのこと。 とりあえず、自己紹介をすることになった。

名前と、呼び名と、職業と、「実は・・・」の話。

ん?実は?・・・うちへのフリ!?(笑)

とか思うものの、やはり多少は迷う。

20名もいれば、年齢も職業もきっと考えも色々。

初対面だし、これから5日間一緒だし、うちはいいとして、

もし、もし受け入れ難い人がいたら・・・?

なんて思ったけどね、5日間もあれば逆にいいんじゃないかって思った。

もしいても、5日間あれば友達になれる。 んじゃ大丈夫だ。

そんなことを考えつつも、あまりの唐突もどうかと思うし・・・。

というわけで出だしを考える。

「実は・・・同性愛です。」

すんごい直球(笑)

「実は・・・こう見えて女です。」

まーおもしろいから保留。

「実は・・・新聞に載りました。」

あ、これなら興味持ってもらえるなー、っちゅうことで決定。

そしていよいよ自己紹介。

「実は、2月に新聞に載りました。

“奈良の女学生、チョコ配る、大切な人に贈って”という見出しで。」

「実は、同性愛者なんです。」

「初対面でびっくりする方もいるかと思いますが、

ものすごいオープンなんでね、興味ある方はぜひ話しかけてください。

よろしくお願いしまーす。」

なんて感じでした。 段階を踏んだものの、結局直球勝負でした。

ただね、話してて思いがけないことを加えて言ってる自分がいた。

「ま、自分らしく生きたいってただそれだけなんですけどね。」

こんなことを言ってる自分が、なんか嬉しかった。

その後どんな反応があるかは自分にとってお楽しみでした。

結果から言うと、自己紹介で言って良かったなぁ、と思います。

性別や年齢を問わず何人かの方とそのことで話すことができたし、

話すことはなかったけど少なくともそこにいた人には知ってもらえたし。

「自分から言うってことは触れてほしいというサインだ」

っていうふうに敏感に感じてくれる方もいたし。

うちね、色んな人と自分のことを話せるのが本当に楽しいんです。

やっぱり自分にとって同性愛っていうのはすごく大切なものだから。

自分らしく生きられてるって、もしかしたら話すことで実感してるのかもしれない。

実はブログには書いてないものの、ちょくちょくカミングアウトは続けてる。

恋愛の話になれば、自分が恋愛対象は女性であることを伝えた上で話をする。

それが日常になりつつもある。

でも、マンネリ化はしてない気がする。

なぜって、やっぱり話し方というか、話すことがその時の自分によって変化していくから。

今は「同性愛」とか「夢」とかよりも「自分らしく」っていう言葉がよく出るかな。

今のうちはね、自分らしく生きたいだけなんだ。

その自分らしさってのに同性愛があって、

だからそこをオープンにしながら生きることが、

うちが生きたいように生きてるってことなの。

生きたいように生きるよ。

せっかく生きてるんだもん。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://comingout2010.blog52.fc2.com/tb.php/47-a535d527
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。