スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づかせてくれたみんなにありがとう

2010年12月21日 03:35

最近このブログに書こうかよく迷います。

自分の性について話すことが、あまりに日常に組み込まれ過ぎてて。

それと、特定の人というよりも多くの人の前で話す機会が増えて、

すでにうちのことを知ってる人と話す機会も増えました。

だから「ここ!」っていう単発的なものではなく連続的なものになってきて、

「んじゃどこ!?」ってなって書くタイミングを失ってしまう・・・(笑)

あと、直接話すだけでなく色々な経路が開かれたように思います。

ブログ、メール、手紙、人伝い、授業、などなど。

相手の反応を知るのもその時だけではなく、

紙面上だったり、後にメール等をくれたりと様々です。

簡単に言ってしまえば、多様化しました。

だから今までの基準でブログを書こうとすると該当しないものが増えました。

でも、相変わらず伝えていきたいとは思っています。

うちの体験した現実を。

まだまだ書いていきたいな。

うちは現実をこの目で見たいし、うちを通して見せたいとも思う。

もちろんこれはうちの現実であって、個人的なものではあるんだけど。

でも多くの人の反応を集めたら、きっと個人的なものではなくなるんじゃないかと。

偏見を持っていたのは自分でした。

それが多くの人の反応を見て聞いて感じた、うちの気づきです。


色は色々

2010年08月27日 01:00

「自分らしく生きてるよ」って、そんな生き方をし始めたら、

自分自身のことを話してくれる人が現れて、その人にもまた現れたりして。

そうそう、これだよ、うちが楽しんでいたことは。

「自分にしかできないこと」ってうちは誰にでもあると思ってます。

当たり前だけど、自分以外に自分はいないから。

自分色に染めようとすれば、きっとできる。 自分にしかできないこと。

大切なのは、自分がそこに自分を感じること。

ないものとか、したことがないこととか、そんなとこにあるとは限らない。

すでに持ってるはずなんじゃないかと、そう思います。

だから、人のものを染めたりするようなことはしたくないね。

誰かをうちの色に染めたいわけじゃない。

その人の色を浮かび上がらせたいだけ。

「うちはこんな色だよ。あー、あなたはそんな色なんだね」って、

そんなふうに違う色と出会っていけたらと思います。

「違う」ってことを楽しんで、混ざり合った色をまた楽しんで、

いろんな色を楽しんでたら、うちの色はもっと濃くなるのかな。

濃くなればいいってもんじゃないけど。


忘れてない?

2010年08月21日 00:13

今は少し準備期間。

10月末に大学祭にてブログ展をすることにしました。

一気に多くの人々に自分の存在を知ってもらおうと企んでいます。

決して、このブログを放置しているわけではありません(笑)

今のうちは、「性」というものを考えずして生活することはできません。

生きていると「性」に関する疑問がうちの前に現れるからです。

そしてうちはそれを放置できないからです。

またそんなふうに生活していると、色んなおもしろい事が起こります。

それがゴーイングアウトをする醍醐味なんです。

最近は社会における不具合に視点をあてて考えることが多くなって、

その大事な部分を忘れていることがあります。

それはきっと、うちがそこに疑問を感じることが多くなったということなんだけど、

「自分らしく生きる」ってだけじゃなく「自分らしく生きたらいいじゃん」って、

本当はむしろそっちを伝えていきたいんだってこと、うちは忘れてしまってた。

あれ、もしかしてこのブログに書き込むに値しなかった日がいくつかあったのは、

それが原因だったのかもしれない。

相手にまできちんと視点を向けず、自分が話すだけで終わってはいなかったかな。

うちはこれを望んじゃいない。 だからなんとなく、書き込むことをしなかったんだ。

そうだよね?


実はね

2010年06月03日 22:53

ここに書いてない人へも着々と広がっています。

直接自分からではないので書いていないんですが。

それでついに、家族みんな知りました。

鎖が外されたような、そんな感覚。

一応報告まで。


ぜひ、話してください

2010年04月27日 22:37

ゴーイングアウトが止まっていますが、

うちがいないどこかで誰かに何かが起こっているのかもしれません。

実はそれを何気に期待しています。

同性愛者同士で話しても、そこから誰かに伝達されることはあまりないと思いますが、

一方で、うちがゴーイングアウトした友達からはちらほらと、

「あめのこと話したよ」と言ってくれる人が現れ始めました。

その相手は親だったり友達だったりと様々です。

それはうちにとってとんでもなく嬉しく光栄なことであります。

またこのブログを読んで、

うちの知らないどこかで誰かが何かを感じているかもしれません。

もしそうだったら、さらに嬉しく光栄なことであります。

ちなみにゴーイングアウトが止まっているのにはそれなりのわけが一応あって、

まーそれをいいわけというのかもしれないけど・・・。

身体を動かしていない今、じゃあうちは何を動かしているのかというと、頭です。

また模索の日々を過ごしています。

何がうちに足らないのかとか、何がうちにできるのかとか、

どうしたら見える存在になるのかとか、どうしたらポジティブイメージが与えられるのかとか、

考えることは山ほどあって、それを考えていたら日が暮れる随分前に、

その日の思考力を使い果たしてしまったかのような、何とも残念な状態になったりもします(笑)

でもそんなうちでも確実に前には進んでいます。

何と何が関係しているのかとか、何が何に効果があるのかとか、

そういったものも少しずつですが見えてきました。

自分探しについては、ゴーイングアウトと同様です。

むしろ他のことを考えすぎて、あまり自分を見つめれてないかもしれません。

ふと自分を見つめたときに、自分に冷めることもあります。

「なんてしょーもない奴なんだ」と。 「こんなんじゃ認めてやんねーぞ」と。

気を緩めるとすぐこうなんだ。 だからいつも見てあげなきゃいけないんだ。

まったく手のかかる奴だよ、うちは。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。